改めて「ザ・ゴール」を読み解く。TOC研修を2回受講してから読むと、またさらに学びが深まるのがわかります。

 

工場内では「生産性をあげる」「コストダウン」といった言葉が当たり前のように飛び交いますが、このTOC理論はその考えを真逆の方向から覆されます。

 

「バランスの取れた工場に近づくほど、工場は倒産に近づく」、この本の中でもとても印象的なシーン。ここでいうバランスの取れたの意味を「みんなが常に働いているようにすること」、いわゆる工場内をまんべんなく忙しい状態にする・・

 

そう考えると、どうでしょう??もれなく過剰在庫が生まれ続けるというスパイラルに突入します。過剰在庫で工場が溢れるとどうなるでしょう??

 

今まで自分たちが正しいと思っていたことが、ハッ!と崩れていく瞬間です。そこでザ・ゴールです。それは少なくとも工場が在庫で溢れかえることではありませんよね?工場の目的(ゴール)をしっかり設定するということ。

セミナーに参加しよう!

MG(マネージメントゲーム)に参加してみませんか?どなたでも参加OK!決算書が読めない!数字が苦手という方でも問題ありません!ゲームを通して学びますので、楽しい!面白い!が先に立ち、繰り返すごとに自然に数字が好きになります。ぜひご参加くださいませ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事