最近、キャッシュフロー経営の本を読み漁っています。

 

 

「利益」と「儲け」は違うとどの会計本にも書いているように「利益」と「現金」が一致しないというのが会計を学ぼう、MGをやろう!という動機ではないでしょうか?

 

 

キャッシュフロー経営の原点ですね。

 

 

MGをずっとやっていると「自己資本を伸ばしたい!」「ゲームに勝ちたい!」という気が強くなってきて、無理な借り入れをしてしまう。。という感じでしばしば期数を重ねてしまうことがあります。

 

 

借入枠の範囲ならいいのですが、最近では「参加者から借入」をしていることが多かった私・・。こうなると身の丈に合っていない経営をしていることがわかりますね。

 

 

借りれるなら!貸してくれるなら!..これが良い悪いという判断はさておき、キャッシュフローを重視したゲームをしばらくは試みようと考えています。いわゆる身の丈に合った経営ですね。

 

 

今、学んでいることや直面している状況に合わせてゲームに落とし込むとさらに理解が深まりますね。ぜひ何かテーマを持って受講してみてくださいね!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事