MG(マネージメントゲーム)には、チップというものがあります。

 

研究開発(青チップ)

広告(赤チップ)

教育(黄チップ)

 

中でも「研究開発(青チップ)」は重要で、これを持たないと勝てないとも言われています。

 

MG(マネージメントゲーム)は、ソニーが開発したゲームで、故に「研究開発」が優位になるように作られているそうです。

 

意思決定カードを引いて、研究開発(青チップ)は購入することできます。

 

▼研究開発(青チップ)

ジュニア シニア特急 シニア次繰
購入費 20円 40円 20円

 

 

研究開発チップの効力は、1枚につき、販売価格から-2円値引きとなり、競争入札でかなり有利に働きます。

 

3期からは、この研究開発(青チップ)を5枚も持つプレイヤーが出現し、入札価格は「-2円×5枚= -10円」の値引きとなります。

 

こうなると、研究開発(青チップ)を持っていないプレイヤーは、まったく太刀打ちできなくなり、じゃあ、どうするか??

 

  • 負けずに研究開発(青チップ)を買って応戦する
  • そのプレイヤーと競合しない戦略を取る

 

MG(マネージメントゲーム)を一度やると、この研究開発(青チップ)をどう扱うか?考え混んでしまうようです。

 

さて、あなたはどんな戦略を取りますか??戦略を練って実践あるのみです。

セミナーに参加しよう!

MG(マネージメントゲーム)に参加してみませんか?どなたでも参加OK!決算書が読めない!数字が苦手という方でも問題ありません!ゲームを通して学びますので、楽しい!面白い!が先に立ち、繰り返すごとに自然に数字が好きになります。ぜひご参加くださいませ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事