MG研修をやっていると、「理入」「行入」をいう言葉を耳にします。

 

理入
理論、理屈、知識から入る方法

行入
実践、行動、実行から入る方法

 

理入は座学ですね。
座って数時間ほど聞きっぱなしのセミナーなど

行入は体験学習。流行りの言葉で言うと「アクティブラーニング」。
私の中ではワークショップは理入と行入の間・・って感じです。

 

もっと言うと、理入は「算数」。
行入は「数学」なんだと思います。

 

理入は、その通りにやるとそうなる・・
つまり「足し算」「引き算」「掛け算」「割り算」などの基本的な計算を「正しくする」こと。

 

行入は、その答えを導き出す過程を考えること。考える力が求められます。なぜそうなるのか?

 

その説明からわかるように、算数は具体的、数学は抽象的だとも言われています。

MGは?というと・・もちろん行入、体験学習。例えば、G100(利益)を出すためには??販売計画を立てる。それをゲームでやってみる・・ですね。

 

MGは楽しい・・もっと答えが知りたい、学びたくなる。ほんとそうですよね^ ^

セミナーに参加しよう!

MG(マネージメントゲーム)に参加してみませんか?どなたでも参加OK!決算書が読めない!数字が苦手という方でも問題ありません!ゲームを通して学びますので、楽しい!面白い!が先に立ち、繰り返すごとに自然に数字が好きになります。ぜひご参加くださいませ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事